B108ed31a78be60f0354f17c3516fc59
美味しいの一言が聞きたくて

お月見は食育の日?

2016/09/15 10:30 晩ごはん イベント くらし

お月見は、月見て団子食う日!

と言う大人に、子供が説教してる姿見て感心しました(笑)

食育を兼ねて幼保育園などで教えてるようですね!

歴史とか地域で色々あるようですが、私が教わったお月見の話を書こうと思います。


早く言えば、食べ物に感謝する日なんですが。

実家が農家だったので作物の収穫を祈願や感謝の神行事的なものでした。

お供え、月で餅つきなど理由を聞かされました。

一部ですが、すすきは稲穂を見たてて、団子は米で作るお供えという、これから収穫時期だし、米は作物の中で食糧や収入になる特別な存在。だから豊作を祈願に。

里芋は芋名月と言われ、里芋さつま芋が時期で、冬に作物の収穫が少ない中、保存のきく芋は重要な食糧だった。

そんな感じで、だんごと里芋はお月見には欠かせないお供え。

そして、食べることでご利益が得れるんだと。聞かされ、

十五夜だから15という数字が縁起良く、一人15個だんご、芋食べると良いなんて

言われてるけど無理でしょ!しかも、昔はそんなに作れなかったしね。食糧抑えたいし。それで多分だんご汁ってなったのかなと思います~♪

だんごの5と汁の10で足して15!しかも月を連想されて丸いし、醤油の黒さで夜なのかなって。しかも今年は15日が十五夜だしね~凄くムーンパワーもらえそう!

いつも、お月見のおやつはあんこのだんご。

余った団子でだんご汁といった団子づくしでした(笑)

でも、美味しいから好き♡

郷土料理でもあるそうですね。


作物に感謝して縁起もかつげるだんご汁を食べる。日本ぽい食育だなって思いました。


クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください